大手消費者金融は即日融資!銀行カードローンは低金利が魅力!

お金借りる方法は、ますます便利になっています。
最近ではカードローン事業に参加してくる業者が増えており激しいお金を借りるサービス合戦が行われています。

 

大手消費者金融は、即日融資サービスに代表される各種サービスに力を入れています。
銀行系カードローン資金力をバックに高額な借入限度額や低い金利設定魅力があります。

 

お金を借りるサービスが多いので、消費者には利用しやすい環境ですが、
逆にサービスが多過ぎて、お金を借りるのが初めての方は選択が難しくなってしまってます。

 

そのため本サイトでは各賃金業者のお金を借りるサービスを整理すると供に、
利用目的にマッチしたお金を借りるサービスの紹介を、初心者の方でもわかりやすく解説しています。

 

↓↓カードローンの選択に困ったらまずは、『あなたに最適なカードローン診断』↓↓

最適なカードローン診断

>>無料・匿名であなたにピッタリのカードローンをアドバイスしてくれます♪<<

初めてお金を借りる方でも安心してキャッシングするポイント

信用の置ける賃金会社を利用する!

信用できる会社でお金を借りるのが鉄則です!
TVCMや街角ポスターなどでブランドイメージがある業社でしたら安心です。
お金を借りるのも返済するのも便利なサービスが豊富な大手消費者金融でしたら、安心してお金をかりることができます。

 

即日お金借りたい時は、大手消費者金融を利用する!

プロミス、アコムといった大手消費者金融でしたら即日サービスが充実しているので、お金をスグに借りられる確率を高くできます。
即日お金を借りたい時は、消費者金融でも収入証明書が不要となる50万円以下の借り入れから始めた方が良いです。
低金利&余裕の限度額の銀行カードローンは、じっくりお金を借りるプランを検討する方に向いています。

 

安定収入の無い方は、銀行カードローンを検討する!

即日サービスが充実している消費者金融ですが、総量規制が適用されているので安定収入が無いと利用できないです。
収入の無い専業主婦の方がお金を借りたい時は、銀行カードローンから検討した方が良いです。

 

借入件数が3件以上あったら、おまとめローンの検討を行う!

借入件数が多いと、新規のカードローンの申し込みは厳しくなります。
新規カードローンの申込審査で落ちてしまう方は、先に乗り換えローンおまとめローンの検討を行った方が良いです。

おまとめローン、のりかえローンの特徴はこちらから確認できます!

 

便利なサービスが豊富で審査が早いカードローンは下記になります。

プロミスでお金を借りる

プロミスなら最短一時間で借入可能!
プロミスだったら平日夜でも土日祝でも困った時に頼りになる!
14時過ぎてもネットで申し込んで自動契約機で即日融資も可能
土日祝でもネットで申し込んで自動契約機で即日融資も可能
女性にはプロミスレディースキャッシングが安心です!
プロミス・レディースキャッシングプロミスレディースキャッシング

プロミス プロミス

アコムでお金を借りる

アコムの特徴
アコムなら最短30分で審査回答がもらえる!
●さらに即日融振り込みも可能!
今なら30日間金利0円サービス実施中!
(金利0円サービスはアコムの利用が初めての方に限ります)
●アコムHPで3項目の入力で簡単借入診断が可能!

アコム アコム

モビットでお金を借りる

モビットの特徴
モビットの便利な申し込み方法は2種類!
10秒簡易審査(お試し診断では無い)の即日審査で即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。
WEB完結申込で職場電話連絡無し!自宅郵便物も無し!の秘密重視のサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要

モビット モビット

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」の2つのプランを用意!
●金利 [エグゼクティブプラン]年3.5%~7.0% 
●利用限度額[エグゼクティブプラン]200万円~1,000万円
※エグゼクティブプランのお客さまを対象に利用状況に応じ、エグゼクティブの方にふさわしいプレゼントをご提供。
※プランは審査の結果によって決定させていただきます。(お客さまご自身でお選びいただくことはできません)

モビット みずほ銀行

 

↓↓初めての方でも安心なカードローンサービスはこちら↓↓

お金借りる初めての方でも安心のカードローンを利用する方法

>>お金借りる初めての方でも安心の人気カードローンサービス<<

初めてお金を借りる方へ消費者金融の即日審査と即日融資の現状

初めてお金借りる

賃金業法の改正が行われてからカードローンに参入してくるローン会社も増え、
お金を借りる方法は増えています。
ヤミ金(闇金)サラ金と言った昔の悪いイメージは既に払拭された感じです。

 

「給料日前に急にお金を借りたい!」
「突然の冠婚葬祭でスグに現金が必要!」
なんて時にはカードローンは非常に便利です。

 

インターネットの発達とそれを取り巻くWEB技術の進歩も加わり、
お金を借りるカードローンの審査時間は格段に速くなって来ています。

 

「即日審査・即日融資」のサービスを展開しているカードローン会社も増えてきています。

 

こんな便利になったカードローンですがお金を借りる時に気を付けなければならないことも当然あります。

 

まずお金を借りたい時は「借りる方法」ばかりに目が行きがちですが、
借りたものは返さなければならない義務を負いますので、返済方法を明確にすることが重要です。

お金を借りたいと思った時は、返済方法を明確にすることが重要

 

大切なのは「お金を借りる方法」より「お金を返す方法」です。
お金の返済計画が立てば、お金を借りる事も可能になり、いくらをいつまでに必要なのかも具体的に見えてきます。

 

お金が必要な時は「今スグ」って言うケースが多く急ぐ気持は十分わかります。

 

しかし正しくく「急がば回れ」であり、返済方法を具体的にイメージして
相手に説明できるレベルにになれば、お金を借りるのもスムーズに行えます。

 

カードローンの審査に落ちたと言う話も良く聞きますが、
結局は返済計画を立てられないから、貸し手側のカードローン会社も貸せないのが実情です。

 

カードローン会社も商売ですので、貸したい気持でいっぱいです。
それでも審査で否決にしなくてはならないのは、お金を借りる側の返済能力が見えないからです。

 

お金を借りるのが便利に成り過ぎてしまい肝心の「返済義務」を負っていることを忘れがちで危ないですね!

 

カードローンはますます便利になってきていますので、上手に使えば経費削減にも資産運用にも使えます。

 

本サイトでは即日お金を借りる方法と賢くお金を借りる方法を説明していますので参考にして下さい。


初めてお金を借りる方の賃金業者の選び方

初めてお金借りる

初めてお金を借りる方は銀行カードローンであったり消費者金融であったりと、
お金を借りるのに、どの賃金会社を選択すれば良いのか悩んでしまうと思います。

銀行カードローンと消費者金融のどちらにすれば良いの?

最近ではクレジットカード会社(信託会社)も個人向けのキャッシング業界に
積極的に乱入してきていますので、余計にお金を借りるのに悩んでしまうと思います。

 

結論から言えば、キャッシング会社を決める基準は、
今の自分の利用目的に合ったサービスを利用するのが最適です。

 

お金を借りる時の指標の一つとして金利があります。
しかし金利は確かに気になるところですが、高額の借り入れをしない限り大きくは変わりません。

 

100万円以下のお金を借りる場合、銀行カードローンの金利は14%台のところが多いです。
対して消費者金融の金利は少し高くなって、18%のところが多いです。

 

金利差は4%になりますが、もし10万円を1年借りて返済したとすると、
単純に10万円✕0.04=4,000円の金利差が発生することになります。

 

1年で4,000円の差ですので1ヶ月で返済を終了させると、333円の差しかありません。
お金を借りる金額が少ない場合や借りる金が短い場合は、あまり金利に固執しなくても良いことがわかります。

 

もっとお得にお金を借りる方法は無利息ローンサービスを利用することです。
無利息ローンサービスでしたら、金利の発生は無くお金を借りることができます。

 

現在では無利息ローンでお金を借りるサービスを展開している消費者金融は増えて来ていますので、
無利息ローンサービスの利用条件に合えば、お金を借りる時には是非利用したいサービスです。

 

どうしても即日にお金を借りたい時はどうすれば良いの?

お金借りる

即日にお金を借りたい時は、大手消費者金融即日審査・即日融資サービスを利用するのが確実です。

 

消費者金融には様々なお金を借りるサービスがありますが、特に即日審査・即日融資サービスは年々早くなってきています。

 

お金を借りる審査はWEBで申し込んで、30分で終了する会社も多いです。
お金を借りる融資も、最短で1時間で終了するケースもあります。

 

スグにお金を借りる即日融資の重要ポイント

まず即日融資を行うために大切なことは、お金を借りる金額を必要最小限にすることです。
お金を借りる金額が増えればそれに比例して審査時間も長くなってしまい、即日審査が行えなくなってしまいます。

 

特に即日融資してもらう場合の借入金額は、50万円以下が良いです。

 

お金を借りる金額を50万円以下にすれば、総量規制のある消費者金融でも収入証明書の提出義務が無いので
それだけ審査がスムーズに進み、即日融資でお金を借りられる可能性も高くなります。

 

加えて初めて利用する消費者金融の場合は、まだ個人の信用情報が無いので、
最初に借りる金額は30万円以下にした方が、より確実にお金を借りられるようになります。

 

最初の借入金額を30万円以下にすると、審査も比較的スムーズに進むようになり、
最初の返済をしっかり完遂できれば信用度も上がるので、次回はもっと多い金額を借りることができるようになります。

 

たくさんお金を借りたい時はどうすれば良いの?

お金借りる

希望借入金額が多い時は、銀行カードローンの利用も考えた方が良いです。

 

借りたい金額が多くても返済期間が短かくて済む場合は良いですが、借入金額が多いと返済期間も長くなりがちです。

 

一つの目安は100万円です。
100万円を1年掛けて返済したとした時、消費者金融と銀行カードローンの金利差はおよそ4%なので、
1年で4万円の差が発生することになります。

 

1年で4万円の差が大きいと感じるか、それほどでも無いと感じるかで利用する賃金会社を決める方法があります。

 

1年で4万円の差が大きいと感じる方は銀行カードローンを利用すれば良いです。
4万円なら何とかなるので、今スグお金を借りたいと思う方は消費者金融を利用する方法があります。

 

今回は100万円で比較しましたが、これ以上の高額な借入になると、
銀行カードローンと消費者金融の金利差はもっと大きくなってきます。

 

銀行カードローンは借入金額が大きくなると、年金利もかなり下げることが可能になってきます。
高額の借入で返済期間が長くなる場合は、銀行カードローンの利用を先に考えた方が良いです。


即日お金借りるサービスはますます便利になっています。

お金借りる

このところ消費者金融ではそのサービスが大きく改善され、より使いやすい融資方法が提供されるにいたっています。

 

契約も簡単になり、なおかつ融資スピードも迅速になり、消費者にとって即日融資が当たり前の現状となってきています。
これは非常にメリットが高いと言えるでしょう。

 

消費者金融で即日融資を受けるにはキャッシングやカードローンといった手法が挙げられます。

 

郵送などは時間がかかるので、店舗窓口や電話、自動契約機などを使った申し込みを実施すると
だいたい40分から60分程度の審査時間で融資の可否が分かります。

 

借入審査に通過すれば、すぐに融資を受けることが可能となります。

 

キャッシングならば数時間後には銀行口座への入金が行われますし、カードローンならば店舗窓口や
自動契約機でカード発行を受けた後、それを使ってATMでお金を受け取ることができます。

 

また、これに加えて最近特に増加しているのがインターネットを使った申し込み方法です。

 

スマートフォンやパソコンを使うと深夜でも朝方でも自分の好きな時間に申し込むことができるので大変便利です。

 

さらに審査に必要な身分証や年収証明書もスマートフォンの撮影機能を使って撮った画像データを送信すれば
受理してもらえるケースも多く、こうした技術の進化が即日融資への対応力をより高めているのです。


返済が間に合わない時の遅延損害金について

お金借りる

カードローンは利便性に優れた借入方法ですが、返済日には
その元金に利息をプラスして返済していくことが契約内容で必須になります。

 

カードローンを利用する場合は、その利息がどれぐらい必要なのか気になるところですが、
国内の法律では、利息に関する法律は出資法利息制限法がありました。

 

利息制限法では利息が制限されており、もしそれ以上の利息を貸した場合は無効になることとなっています。

 

かつては、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間のいわゆるグレーゾーン金利という金利で
貸付をしていた業者が多かったですが、現在ではこのグレーゾーン金利は撤廃されています。

 

そして、現在では出資法の上限金利は20パーセントに引き下げられています。

 

そして、カードローンを利用した場合は、順調に返済していきたいですが、
ときには何らかの理由でその返済が順調にいかず、遅延してしまう場合があります。

 

こうなると利息とは別に遅延損害金が発生することとなります。

 

これは返済が遅れて債務不履行となった場合のペナルティとなり、余計なお金を払う必要が発生してしまいます。

 

そのため、返済は遅延しないよう、しっかりと管理をしていくことが大切です。

 

仮に遅延損害金が発生しても、利息制限法で利息は制限されているので20%を超える利息は請求されません。

 

もし20%を超える利息を請求された時は法律違反になり、支払う義務はありません。


初めてお金を借りる前に知っておきたい金融法令

お金借りる 初めて

お金を借りる訳ですから、金融関係の重要な法令は押さえて置く必要があります。
キャッシングの法令は賃金業法になります。

 

賃金業法は平成18年に交付されて、平成22年6月18日に完全施行されています。

 

賃金業法の改正で個人がお金を借りる内容が大きく変わりました。
特に総量規制で、個人の借入総額は年収の1/3までと規定されています。
(ただし住宅ローンは含まれないなど一部除外または例外となる借入形態はあります。)

 

総量規制「貸し過ぎを防止する」または「借り過ぎを防止する」ために生まれた法律です。
それまで社会現象にまでなったサラ金闇金業者といった業者を無くす内容になっています。

 

※既にヤミ金の取り立てに困っている方が、闇金相談が参考になります。
 闇金対応の専門家に依頼すれば、スグに闇金取立て止めることができます。

 

賃金業法が改正されたお陰でサラ金や闇金と言われる悪徳業者はかなり減ってきました。
しかしまだ存在はするので、お金を借りる時は注意願います。

 

注意と言っても名前も知らない賃金業者から借りなければ良いだけであり、
TVCMなどを行っているメジャーな消費者金融を利用すれば問題ありません。

 

賃金業法の改正で、それまでグレーゾーン金利と言われていた高い金利帯も無くなりました。
現在では上限金利は一律20%までとなっています。

 

他にも内閣総理大臣が指定した信用情報機関に賃金業者は届け出をする義務など
お金を借りる上で重要な内容となっています。

 

総量規制や賃金業法の改正の内容は「日本賃金業協会」のホームページがわかりやすいので参考にして下さい。

 

↓↓初めての方でも安心なカードローンサービスはこちら↓↓

お金借りる初めての方でも安心のカードローンを利用する方法

>>お金借りる初めての方でも安心の人気カードローンサービス<<


[お金借りる初めての方でも安心のカードローン]詳細情報